性感ヘルスって?

8月 29th, 2013

性感ヘルスって何?どんなところ?

風俗業界の中でも、特異なジャンルとなる「性感ヘルス」。
性感ヘルスとは「M性感ヘルス」ともよばれ、M気質の強いお客さんが楽しむ風俗ジャンルとなります。
中には過激な内容もあり、プレイそのものが「特異」なものになります。
ただ、これはあくまでフェチズムの話であって、働く側から観たら、このM性感ヘルスとはいったいどんなところなのでしょうか?
ここでは、そんな働く女性向けに、M性感ヘルスのあれこれを説明していきたいと思います。

当然のことではありますが、一言で性感ヘルスと言っても、実にさまざまな種類のものがあります。
人妻がメインだったり、若い女性でかつ痴女というコンセプトだったりと。
そのコンセプトによってサービスの内容が異なりますが、基本的な部分は変わりません。
それが「お客さんを責めること」です。
詳細は以下に記載しますが、冒頭にもあるように「M気質が強い男性が女性に責められに来ている」ということが大前提となります。

◆男性が完全に受け身になる
基本的に男性側(お客さん)は完全受け身の状態になります。
したがって、女性スタッフが一方的に責めることになります。
強いて、女性スタッフが受け身になるシチュエーションとしては、顔面騎乗などのサービス中にクンニをさせるという程度だと言えます。
したがって、通常のサービスとは違い、女性の受け身がないため、その分、身体の負担は「軽く」なると言えます。

◆効率よく稼げるタイプのヘルス
他の風俗の業種にはない「中毒性」があるため、効率よく稼ぐことができます。
要は、1回ハマってしまうと、なかなか抜け出すことができない「気持ちよさ」を提供することができます。
そして癒しを求めるお客さんも多いので気に入った女性を指名することが多いんです。よって、お客さんに気に入ってもらえれば安定して本指名を貰えるので効率よく稼げます。
なので、人気風俗求人サイトの調査でも平均勤務年数が長い業種とされているので、女の子も働き易い業種と言えるかもしれません。さらには、先に記載したように身体への負担が他の風俗と比べて軽いので頑張ればガンガン働ける状況にいます。

◆ファッションヘルスよりもスキルが必要
ただし、内容がアナルプレイを中心にマニアックな内容が非常に多いのも特徴です。
したがって、通常のファッションヘルスのようなスキルよりも特殊なスキルが必要となってきます。
しかも、お客さんはマニアックな内容を期待してお店に足を運ぶため、この期待に応えなければいけません。
スキル面に関しては、結構、シビアな面を見せることがあるので、しっかりとテクニックを身に付けておきたいところですね。
お店の方や、先輩女性スタッフがスキルに関して丁寧に教えてくれるので、ガンガン吸収していきましょう。

 

性感ヘルスで働くための資質って何?私でも働けるかな?

風俗業界で初めて働こうと思っており、まだまだ知識がない方にとっては、この性感ヘルスと呼ばれるジャンルは非常に聞きなれない言葉かと思います。
ここでは、そんな性感ヘルスの基本的なプレイを紹介したいと思います。
基本的なプレイから性感ヘルスというサービスがどのようなものか?をイメージできるかと思います。

ともあれ、性感ヘルスは別名「M性感ヘルス」とも呼ばれ、基本的にMっ気が強い男性がお店に足を運びます。
したがって、女性スタッフはお客さんに対して、責めて楽しませる形になります。
通常のファッションヘルスでもフィニッシュに持っていくときは「責める」形にはなりますが、性感ヘルスでいう「責める」は少し意味合いが異なります。
Mっ気の強い男性を悦ばせるのは通常の責めではなく、焦らしや寸止めをはじめとした「少し苛めながら」「少し男性を弄びながら」という責めになります。

そんな「責め」の部分が基本プレイにつながります。
以下より、具体的なプレイ内容を説明していきたいと思います。
お店選びの参考になれば幸いです。

◆お客さんを責めることが大前提
Mっ気の強い男性を相手にすることになるため、当然のこととなります。
したがって、「責める」ということが基本的に好きという女性が働くことが望ましいです。
また、お客さんが完全な受け身になるため、お客さんからの責めは基本的にはありません。
基本的な資質としては「責めるだけでお金を稼ぎたい!責められるのは勘弁です!」という方がターゲットとなります。

◆お客さんのアナルを苛めるプレイ
ただし、単純な「責め」だけではありません。
M性感ヘルスでは、前立腺マッサージをはじめアナルまわりのプレイが多くなります。
例えば、ペニバンにてお客さんのアナルを責め立てるなどです。
したがって、この手のプレイが絶対に無理という場合は、M性感ヘルスでは働けない可能性が高いです。
正直なところ、M性感ヘルスでは普通のサービスとなるため致命傷になってしまうわけです。

◆巷で流行りの「男の潮吹き」も
こちらは、しっかりとした指導があるため、スキル的なことは問題ないと思います。
要は、全くしたことがなくても教えてもらえます。
しかし、もし潮吹きが成功したとなると、非常に飛び散ることになります。
このとき、身体中にかかる場合があるため、ここに嫌悪感があるとなかなか難しいかもしれません。
昨今のお店の状況では、今では基本サービスとなりつつあるので、こちらも致命傷になりかねません。

 

性感ヘルスで働く場合に抑えておきたいポイントは?

性感ヘルスは完全受身のMっ気の強いお客さんに対して責めるプレイで悦ばせるジャンルとなります。
したがって、性感ヘルスで働くためには「責める」ことに対して楽しむことができる方が適任となります。
要は、Mっ気つの強い女性がMっ気の強い男性に対してサービスを提供してもお客さん側が物足りない結果になってしまうわけです。

性感ヘルスで働くことに興味がある方は、少なからず「責めることが楽しい」と思える方だと思います。
では「責めることが好きであればいいの?」と思います。
しかし、性感ヘルスというサービスは奥深いもので、責めるだけでは悦ばせることはできません。
ここでは、そんな性感ヘルスで働くために必要な資質みたいなものを紹介していきたいと思います。

意外と軽視されがちになってしまったり、全く考え及ばなかったりと言う場合もあります。
実際に現場で働く女性スタッフの中にも「なるほど責めるだけではないのだな」と実感することも多くあったそうです。
ということで、以下より説明をしていきたいと思います。

◆演技力が意外と重要
M性感ヘルスは意外とイメージヘルスに近い部分も持っています。
例えば、「女教師に思いっきり苛められたい」という要望があった場合には、女性スタッフが教師に扮することになります。
当然、しっかりとした演技ではなくてもよいですが、雰囲気をぶち壊すような「怠慢」はご法度です。
したがって、意外と演技力は必要となってきます。
さらには「スイッチのON/OFFの切替の早さ」も必要となります。
サービスが終了後(お客さんがフィニッシュ後)は通常に戻り、アフターケアーをしてあげるため、このときばかりは通常のサービスなので教師で苛めないのが基本です。

◆お客さんの要望に応えることができる寛容さ
なかなかマニアックな内容のプレイを要望してくること多々あります。
「例えばどんなプレイ?」と聞かれると答えづらいのですが、とにかくいろいろです。
その要望に応えることができるぐらいの寛容さが必要となります。
要は、ノーマルなプレイよりも「アブノーマルなプレイが大好き!」という意識が大事になります。
それでも、中には「難しいかも」と思われるプレイもあります。
このときはお店の方と相談してどうするか?を決めていきましょう。

◆3Pがオッケーだとなおよし
M性感ヘルスのお店の多くは3Pを売りにしている場合があります。
したがって、3Pも楽しく仕事ができると、M性感ヘルスで楽しく働けるかと思います。

    2014年4月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930